Skip to main content
Spotify for Podcasters
AFTERNOON RADIO「デザインのよみかた」

AFTERNOON RADIO「デザインのよみかた」

By デザインのよみかた

大林寛(OVERKAST代表/ÉKRITS編集長)と中村将大(帝京平成大学 助教)がデザインの基礎課程をプロトタイピングするプロジェクト「デザインのよみかた」のポッドキャスト。ゲストを招いたトーク、デザイン名著とされる本の読み解き、デザイン講義の後日談など、デザインにまつわる他愛のない話を不定期でお届けします。 readdesign.jp
Available on
Apple Podcasts Logo
Google Podcasts Logo
Spotify Logo
Currently playing episode

#045 『コ・デザイン』に通底する思想(ゲスト:上平崇仁さん)

AFTERNOON RADIO「デザインのよみかた」Mar 25, 2022

00:00
28:11
#089 EVENING TEA PARTY事前茶会(ゲスト:後藤桂太郎さん)

#089 EVENING TEA PARTY事前茶会(ゲスト:後藤桂太郎さん)

今回は9月23日(土・祝)に胡桃堂喫茶店で開催するEVENING TEA PARTY「デザインのよみかた」の前に、当日お茶を振る舞っていただく「茶酔」の後藤桂太郎さんをゲストにお迎えして、お茶酔いの効果や当日提供するお茶の説明を話を聞きました。熱いお茶を飲みながら聞いてみてください。

Sep 20, 202328:54
#088 ジェネリックなフォーマットとしての文庫本の話

#088 ジェネリックなフォーマットとしての文庫本の話

中村が出版した文庫サイズのエッセイ集『未然のこと』の話から、文庫本というジェネリックなフォーマットについて考えていきました。またお茶会イベント「EVENING TEA PARTY『デザインのよみかた』」についてのお知らせもあります。

Sep 12, 202326:41
#087 お茶会企画@胡桃堂喫茶店の話

#087 お茶会企画@胡桃堂喫茶店の話

前にも軽く話をした胡桃堂喫茶店でのお茶会企画。"EVENING TEA PARTY「デザインのよみかた」"というタイトルで9/23(土・祝)に開催することが決まりました。今回はその内容について詰めています。大林が参加した青山ブックセンターの選書フェア、中村主催の胡桃堂喫茶店でのイベントのお知らせもしております。

Aug 23, 202326:15
#086 『私的デザインの現在地』の話 後編(ゲスト:吉竹遼さん)

#086 『私的デザインの現在地』の話 後編(ゲスト:吉竹遼さん)

前回に引き続き吉竹遼さんをゲストに迎え、大林と中村も参加した書籍企画『私的デザインの現在地』についての話をしました。それぞれの気になる現在地をピックアップしたり、吉竹さんから企画のルーツや隠された仕掛けについてお聞きしました。

Aug 17, 202326:57
#085 『私的デザインの現在地』の話 前編(ゲスト:吉竹遼さん)

#085 『私的デザインの現在地』の話 前編(ゲスト:吉竹遼さん)

今回は吉竹遼さんをゲストにお招きして、2023年の今考えるデザインをテーマにした企画で、大林と中村も参加した半匿名の寄稿集『私的デザインの現在地』についてのお話を聞きました。その企画の意図や制作の経緯を聞いたり、われわれ二人の感想を話したりしました。

Aug 06, 202326:32
#084 「ブランディングの考え方」の話

#084 「ブランディングの考え方」の話

大林が自社のOVERKASTのWebサイトで公開した「ブランディングの考え方」という記事の内容に沿って、ブランディングにおけるアイデンティティ、ブランドイメージ、ブランドの体系の話をしました。

OVERKAST:ブランディングの考え方 https://overkast.jp/services/article/branding/

Jul 25, 202323:50
#083 ベルクソン指南とお茶会企画会議

#083 ベルクソン指南とお茶会企画会議

前半は平井靖史さんゲスト回を振り返りつつ、改めてベルクソンの入門方法について。後半は胡桃堂喫茶店で開催するかもしれないイベントについての企画会議をおこないました。

Jul 13, 202328:04
#082 イマージュからはじめるデザインの道具立て(ゲスト:平井靖史さん)

#082 イマージュからはじめるデザインの道具立て(ゲスト:平井靖史さん)

前回に引き続き、ベルクソン研究者で『世界は時間でできている』の著者である平井靖史さんをゲストにお招きし、ベルクソンの言う「イマージュって何ですか?」という素朴な疑問からスタートして、時間哲学の道具を整理していただきながら、デザインへの応用可能性を探りました。

Jul 03, 202335:31
#081 ベルクソンの時間哲学への招待(ゲスト:平井靖史さん)

#081 ベルクソンの時間哲学への招待(ゲスト:平井靖史さん)

ベルクソン研究者で『世界は時間でできている』の著者である平井靖史さんをゲストにお招きして、ベルクソン的な時間についてお聞きしました。時間の質的な構造がどのように心の哲学へとつながっていくのか、平井さんに解き明かしていただいています。

Jun 27, 202329:60
#080 『新版・学習まんが「アフォーダンス」』の話

#080 『新版・学習まんが「アフォーダンス」』の話

コルシカさんがまんがを描いて、大林が監修と原作を担当した『新版・学習まんが「アフォーダンス」』が先日発売になったので、それを記念して今回は誕生秘話や制作意図などの話をしました。「アフォーダンス」というラディカルな理論の可能性や、ドナルド・ノーマンの認知心理学的なアフォーダンス解釈についても触れています。

Jun 09, 202327:43
#079 東洋的感覚と小津安二郎と蔵書読み比べ茶会の話

#079 東洋的感覚と小津安二郎と蔵書読み比べ茶会の話

胡桃堂喫茶店で開催された「日本の美をよむ 2023」の振り返りは、東洋的感覚の話題からA24の映画『アフター・ヤン』とその監督コゴナダが影響を受けた小津安二郎の構図やスティーヴ・アルビニのエンジニアリングへと発展。最後は蔵書を読み比べた茶会についての話をしました。

Jun 02, 202328:47
#078 ファーストフラッシュとブラックレターの話

#078 ファーストフラッシュとブラックレターの話

ゴールデン街のバーで開催したダージリンのファーストフラッシュのお披露目お茶会と、河野三男さんとお会いした食事会、河野さんが執筆されているブラックレターの論考についてなど、いろいろと近況の話をしました。

May 15, 202324:05
#077 「日本の美をよむ」のよみかた 後編(ゲスト:今田順さん)

#077 「日本の美をよむ」のよみかた 後編(ゲスト:今田順さん)

5月6日に胡桃堂喫茶店で開催される読書会「日本の美をよむ 2023」を前にして、前回に引き続き今田順さんをゲストにお迎えした後編。さらにくわしく「日本の美をよむ」について話を続けていくと、さながらリハーサルのような雰囲気になっていきました。

Apr 28, 202325:53
#076 「日本の美をよむ」のよみかた 前編(ゲスト:今田順さん)

#076 「日本の美をよむ」のよみかた 前編(ゲスト:今田順さん)

5月6日に胡桃堂喫茶店で開催される読書会「日本の美をよむ 2023」を前に、今田順さんをゲストにお迎えしました。今田さんの「日本の哲学は美のまわりにあるのではないか」という仮説のもと、2017年から中村とともに運営をしてきた「日本の美をよむ」についての経緯や意図などを聞いています。

Apr 20, 202323:29
#075 お茶会とChatGPTの話

#075 お茶会とChatGPTの話

今回は先日イベントの打ち上げも兼ねて開催したお茶会とChatGPTの話。お茶会の方は、お茶の淹れ方からお茶を飲み続けて達する茶酔いという状態のおもしろさまで。ChatGPTの方は、インターフェイスに委譲するときに起きるクレオール化の観点から話をしました。

Apr 07, 202326:58
#074 遠くて近い90年代文化の話

#074 遠くて近い90年代文化の話

前回に引き続いて、リアルタイム世代として語らずにはいられないが、それゆえになかなか俯瞰できない90年代文化の話。今思うと不思議な当時の音楽雑誌文化についてや、InstagramにつながるHIROMIXの影響について話をしました。

Mar 28, 202323:02
#073 世代を超えて語る90年代(ゲスト:市川紗希さん)

#073 世代を超えて語る90年代(ゲスト:市川紗希さん)

今回は中村ゼミのゼミ生で金竹賞を受賞した帝京平成大学 人文社会学部 人間文化学科 メディア文化コース3年生の市川紗希さんをゲストにお招きしました。市川さんが制作したZINEの90年代というテーマから、当時の時代背景を振り返りながら『東京ラブストーリー』やフリッパーズ・ギターなど、ノスタルジックな話題で盛り上がりました。

Mar 15, 202327:18
#072 イベントの振り返りと日本的方法の話

#072 イベントの振り返りと日本的方法の話

2月21日にB&Bで平岩壮悟さんを交えておこなったトークイベント「ヴァージル・アブロー『ダイアローグ』のよみかた」にご来場いただいた皆さま、どうもありがとうございました。今回はイベントの振り返りをしながら、質疑で回答しきれなかった「日本的方法」についての話をしました。

Mar 05, 202326:06
#071 「『ダイアローグ』のよみかた」イベント事前会議(ゲスト:平岩壮悟さん)

#071 「『ダイアローグ』のよみかた」イベント事前会議(ゲスト:平岩壮悟さん)

今回は平岩壮悟さんをお招きして、2月21日に本屋B&Bで開催されるイベント「ヴァージル・アブロー『ダイアローグ』のよみかた」に向けた事前会議の様子を収録しました。イベント内容の検討や事務的な連絡事項だけでなく、信仰告白や所属表明としての文字についての余談にまで至りました。イベントへのお越しをお待ちしております。

Feb 09, 202334:26
#070 アーキテクトとしての磯崎新の話

#070 アーキテクトとしての磯崎新の話

今回はたまたま二人が磯崎新の著作を同時に読んでいたことに端を発して、昨年末の訃報以降に考えた磯崎新という存在について話をしました。国内外において建築家の典型となった人のトリックスターとしての領域横断的な活動を振り返っていたら、ゆっくりとアーキテクトというものの原型が浮かび上がってきました。

Jan 27, 202326:35
#069 講評会とグレン・グールド『ゴルトベルク変奏曲』の話

#069 講評会とグレン・グールド『ゴルトベルク変奏曲』の話

本年最初の収録は、大林も講評者として参加した中村の大学での担当授業「デザイン理論」の最終講評会の話からスタート。題材となるグレン・グールド『ゴルトベルク変奏曲』の解釈について、音楽関係者との対話を経て考えたことを語りました。最後に下北沢のB&Bでおこなわれるイベント「ヴァージル・アブロー『ダイアローグ』のよみかた」の告知があります。

Jan 18, 202322:03
#068 2022年を振り返った話

#068 2022年を振り返った話

2022年最後の収録となる今回は、今年公開したポッドキャストの収録回を振り返ってみました。どうやら「ファッションとモダニズム」あたりからブーストがかかり、今世紀のモダニズム観が明快になったような気がます。本年もご視聴いただき、ありがとうございました。

Dec 23, 202227:13
#067 イベントとタイプビートとプリセットの話

#067 イベントとタイプビートとプリセットの話

平岩さんのゲスト回を終えて、改めてヴァージル・アブロー関連のイベントをやりたいという話で盛り上がりました。その他、ジェネリックな文化土壌であるヒップホップのタイプビートやシンセサイザーやソフトウェアのプリセットについても話しました。

Dec 12, 202223:24
#066 『ダイアローグ』翻訳者と語るヴァージル・アブロー 後編(ゲスト:平岩壮悟さん)

#066 『ダイアローグ』翻訳者と語るヴァージル・アブロー 後編(ゲスト:平岩壮悟さん)

前回に引き続き、ヴァージル・アブロー『ダイアローグ』の翻訳者である平岩壮悟さんをゲストにお迎えして、ポストコロニアル時代のモダニズムを再考しながら、本邦初公開であろうヴァージルの貴重なエピソードの数々を聞かせていただきました。

Dec 02, 202226:36
#065 『ダイアローグ』翻訳者と語るヴァージル・アブロー 前編(ゲスト:平岩壮悟さん)

#065 『ダイアローグ』翻訳者と語るヴァージル・アブロー 前編(ゲスト:平岩壮悟さん)

今回はヴァージル・アブロー『ダイアローグ』の翻訳者である平岩壮悟さんをゲストにお招きしました。平岩さんの考える『ダイアローグ』の読みどころや、ヴァージルの人物像やその革新性について、いろいろとお話を聞かせていただきました。

Nov 16, 202220:47
#064「デザイン温故知新」の話 後編

#064「デザイン温故知新」の話 後編

今回も引き続き、中村が担当するオンライン学習サービスSchooでの連続講義「デザイン温故知新 ~ 過去から現在、未来へ繋がるヒントを探る」の話題。オープンソース、デフォルト、典型、モダニズムといったキーワードから、本講義の意図について話をしました。

Oct 27, 202225:52
#063「デザイン温故知新」の話 前編

#063「デザイン温故知新」の話 前編

今回は中村が担当するオンライン学習サービスSchooでの連続講義「デザイン温故知新 ~ 過去から現在、未来へ繋がるヒントを探る」の話題。本講義のポイントとなる参照可能な「典型」から再解釈するモダンデザインから話を広げていきました。

Oct 07, 202225:13
#062 「イメージ・メイキングを分解する」展について 後編(ゲスト:多田かおりさん)

#062 「イメージ・メイキングを分解する」展について 後編(ゲスト:多田かおりさん)

今回も引き続き、東京都写真美術館で10月10日まで開催中の「イメージ・メイキングを分解する」展のキュレーターで学芸員の多田かおりさんをゲストにお招きして、本展示の意図やイメージの不可思議さ、企画段階でのイメージ・メイキングについて話をしました。

Sep 27, 202219:06
#061 「イメージ・メイキングを分解する」展について 前編(ゲスト:多田かおりさん)

#061 「イメージ・メイキングを分解する」展について 前編(ゲスト:多田かおりさん)

今回は東京都写真美術館で開催中の「イメージ・メイキングを分解する」展のキュレーターで学芸員の多田かおりさんをゲストにお招きししました。本展示について、企画・編集担当としてお手伝いした大林と、当日鑑賞してきた中村が、それぞれの立場から話を聞いています。

Sep 16, 202223:57
#060 ヴァージル・アブローとデザインのジェネリック性

#060 ヴァージル・アブローとデザインのジェネリック性

前回のヴァージル・アブロー『ダイアローグ』の読み解きの続き。ヴァージルが繰り返し参照して言及していたモダンデザインのジェネリック性についての話題。最終的に、音楽理論のバークリーメソッドにも通じる解析可能で再現可能なモダンデザインは、文明と文化で区分するとうまく整理できるんじゃないか?という話になりました。

Sep 07, 202226:26
#059 デザイン名著をよみとく:ヴァージル・アブロー『ダイアローグ』

#059 デザイン名著をよみとく:ヴァージル・アブロー『ダイアローグ』

今回は久しぶりの「デザイン名著をよみとく」シリーズとして、ヴァージル・アブローの『ダイアローグ』を取り上げました。「リサーチ」「リファレンス」「アーカイブ」、またヴァージルの造語である「ピュリスト/ツーリスト」といったキーワードから、デザイナーとしての彼のおもしろさを探ってみました。

Aug 30, 202227:12
#058 ファッションとモダニズムの話 後編

#058 ファッションとモダニズムの話 後編

前回に続き「ファッションとモダニズム」をテーマに、大林のファッションについての持論、肉体と服のどちらが身体のインターフェイスなのか?という話題からスタートして、個体と呼ばれる古着とNFTの親和性、50年代と80年代の参照関係などの話をしました。

Aug 11, 202230:12
#057 ファッションとモダニズムの話 前編

#057 ファッションとモダニズムの話 前編

今回は『サラリーマンはなぜサーフボードを抱えるのか?』と『AMETORA(アメトラ)ー 日本がアメリカンスタイルを救った物語』の二冊をリファレンスにしたトーク。前編ではそれぞれの書籍について紹介しながら、メンズファッションからシェーカー家具にまで共通する文化的な構造について話をしました。

Aug 02, 202223:27
#056 エクリのリニューアルのよみかた 実践編(ゲスト:神村誠さん)

#056 エクリのリニューアルのよみかた 実践編(ゲスト:神村誠さん)

前回に続いてデザイナーの神村誠さんをゲストに、デザイン思想メディア「ÉKRITS / エクリ」(ekrits.jp)のリニューアルの話をしました。後半は「実践編」として、今回のリニューアルのコンセプトである「フェティッシュとしての機能主義」を、どう解釈して「読むことのアップデート」を実現していったのか聞きました。

Jul 13, 202223:36
#055 エクリのリニューアルのよみかた 歴史編(ゲスト:神村誠さん)

#055 エクリのリニューアルのよみかた 歴史編(ゲスト:神村誠さん)

デザイナーの神村誠さんをゲストに迎え、大林と共にプロジェクトを進めてきたデザイン思想メディア「ÉKRITS / エクリ」(ekrits.jp)のリニューアルについて話をしました。前半は「歴史編」と題して、デザインの意図をより深く理解していただくために、これまでのエクリの歩みを振り返っています。

Jul 04, 202225:07
#054 WWEとAEWとCMパンクとMJFの話 後編

#054 WWEとAEWとCMパンクとMJFの話 後編

前回から続いて延長戦となった「プロレスのよみかた」。今回はいよいよMJFの話。YouTube以降の情報環境で育った彼が、どんなイデオロギーを持ち、AEWという団体でどんな苦悩を抱えていたのか。WWE時代のCMパンクと重ね合わせながら解説してみました。

Jun 28, 202220:59
#053 WWEとAEWとCMパンクとMJFの話 前編

#053 WWEとAEWとCMパンクとMJFの話 前編

今回はデザインからすこし離れて、MJFというレスラーが起こしたイノベーションの話題。前編はMJFの話の導入として、アメリカのプロレス団体の成り立ちやマーケティング、MJFの抗争相手だったCMパンクというレスラーについて話をしていたら、時間切れドローになってしまいました。

Jun 22, 202227:47
#052 エクリのリニューアルのモードとムード

#052 エクリのリニューアルのモードとムード

大林の運営するデザイン思想メディア「ÉKRITS / エクリ」(https://ekrits.jp/)のリニューアルを受けて、そのコンセプトやプロセスについて話をしました。その結果、骨董屋のようなメディアの性格が浮かび上がることになりました。

Jun 09, 202231:29
#051 アーミン・ホフマン展とモダニズムの射程

#051 アーミン・ホフマン展とモダニズムの射程

河野三男さんと三人で訪れたアーミン・ホフマン展の話題から、河井寛次郎や北大路魯山人の考察、デザインだけではなくイメージ学といった領域でも変わってきているモダニズムの射程へと話が発展していきました。

May 31, 202226:06
#050 2000年前後のモダンデザインリバイバル再考

#050 2000年前後のモダンデザインリバイバル再考

室賀清徳さんをゲストにお迎えした前回と前々回を振り返りながら、自分たちの置かれた当時の状況から見た2000年前後のモダンデザインリバイバルと、現在までの咀嚼の約20年間について話をしました。後半では、今回で50回を迎えるこのポッドキャストのカバー画像についても検討しました。

May 20, 202223:20
#049 変わりゆくデザインの意味(ゲスト:室賀清徳さん)

#049 変わりゆくデザインの意味(ゲスト:室賀清徳さん)

今回も引き続きグラフィック社の室賀清徳さんをゲストにお招きして、『アイデア』誌の編集長をされていた2000年代から現在まで、どうデザインという言葉の意味が変わってきたのか、当時のさまざまなエピソードとともに話を聞かせていただきました。

May 06, 202228:20
#048 グラフィックデザインと人文知(ゲスト:室賀清徳さん)

#048 グラフィックデザインと人文知(ゲスト:室賀清徳さん)

今回はゲストに編集者の室賀清徳さんをお迎えして、編集を担当された新刊『グラフィックデザイン・ブックガイド』で狙ったこと、長く編集長をされていた雑誌『アイデア』のときの問題意識など、貴重な話を聞かせていただきました。

Apr 22, 202227:06
#047 新学期に考えるこれからの話

#047 新学期に考えるこれからの話

新学期がはじめる時期に、改めてこれから「デザインのよみかた」でやりたいことを話し合ってみました。いろんな企画が出てきましたので、「それいいね!」とか「こんなのどう?」といったご意見・ご感想もお待ちしております。

Apr 14, 202225:05
#046 「よみかた」のデザイン

#046 「よみかた」のデザイン

「はなれより。」へのゲスト出演もあって、久しぶりに感じられる二人での収録。中村が改めて『グラフィックデザイン・ブックガイド』を読み解いていたら、最終的にあらゆる本をデザイン書として読む「よみかた」の話になりました。

Apr 06, 202225:14
#045 『コ・デザイン』に通底する思想(ゲスト:上平崇仁さん)

#045 『コ・デザイン』に通底する思想(ゲスト:上平崇仁さん)

前回に引き続き、上平崇仁さんをゲストに迎えて、これまでの活動から著作の『コ・デザイン』までに通底する思想、上平さんがリアリティを感じるデザインの現場のこと、デザイン教育での取り組みについてお話を聞きました。

Mar 25, 202228:11
#044 『グラフィックデザイン・ブックガイド』について(ゲスト:上平崇仁さん)

#044 『グラフィックデザイン・ブックガイド』について(ゲスト:上平崇仁さん)

今回は『グラフィックデザイン・ブックガイド』の共著者である上平崇仁さんをゲストに迎え、執筆の裏話や大林との役割分担、この本のコンセプトである「グラフィックデザインの現代的なアップデート」の展望などを話しました。

Mar 16, 202223:18
#043 不遇の時代と読書会と新刊の話

#043 不遇の時代と読書会と新刊の話

「はなれより。」の関口さんと吉竹さんをゲストにお招きした回で盛り上がった不遇の時代を振り返りつつ、中村が登壇した広島のミナガルデンでの読書会と、大林が執筆陣の一人として寄稿した新刊『グラフィックデザイン・ブックガイド』について話しました。

Mar 10, 202223:05
#042 デザインの初期衝動、その後 後編(ゲスト:関口裕さん+吉竹遼さん)

#042 デザインの初期衝動、その後 後編(ゲスト:関口裕さん+吉竹遼さん)

前回に引き続き吉竹遼さんと関口裕さんをゲストに迎え、東美祭2021のトークイベントで「デザインの初期衝動」を話した4人で、学生から社会人になってからの意識の変化、デザインとの向き合い方などを話しました。

Mar 01, 202228:20
#041 デザインの初期衝動、その後 前編(ゲスト:関口裕さん+吉竹遼さん)

#041 デザインの初期衝動、その後 前編(ゲスト:関口裕さん+吉竹遼さん)

先日「デザインのよみかた」のWebサイトで「デザインの初期衝動」というトークイベントの文字起こしテキストを公開しました。今回の収録は、そのイベントの参加メンバーである関口裕さんと吉竹遼さんをお招きして、デザインの仕事を始めるまでを話しました。

Feb 24, 202228:05
#040 空間と時間における設計の違いの話

#040 空間と時間における設計の違いの話

改めて卒業制作について振り返りつつ、オフィスの引越しもあったので、「場づくり」というキーワードで空間と時間における設計の違いについて話しました。建築家の柄沢祐輔さんの話、2月23日に開催される読書会のお知らせもあります。

Feb 14, 202229:40